All around us

身の回りの出来事と関心ごと

所謂、飯テロ

 

突然ですが、「所謂」という漢字は読めましたでしょうか?

 

 

博識な当ブログの読者様の多数博識な読めたことでしょう。

 

所謂(いわゆる)ですよ。知らない人はこれを機に覚えましょう…。


というわけで、↑の駄文は無視してよいのですが、最近は暑いですね。

 

関東は梅雨入りということですが、そこまで梅雨らしくもないここ数日です。


寧ろ(←むしろ、ですよ。)、梅雨明けのような最近の気候。日差しが眩しいぜ……( ^ω^)的なね、かんじですわ。

 


いやぁ…

 

お酒が美味しい季節になってきました。


というわけで、昨日はお酒を飲みに行ってきました。
お店はこちら↓

 

r.gnavi.co.jp

いわゆるですね。
内装はこんなかんじ。

 f:id:sgif:20170617204144j:image

 

f:id:sgif:20170617204420j:image

 

 

すこーし小洒落ています。

 

メニューはこんなかんじ。

f:id:sgif:20170617204430j:image 

 

けっこうリーズナブル。


この日は終始ゴロッとカットされたレモンが入ったこのスパークリングワインを飲んでいました。

 f:id:sgif:20170617204451j:image

 

これはワインが苦手な人も飲みやすいかと。美味しかった…


前菜はアヒージョです。これ↓

 f:id:sgif:20170617204502j:image


アヒージョとは…

アヒージョ(西: ajillo)スペイン語で「ニンニク風味」を表わす言葉であり、オリーブオイルとニンニクで煮込む、マドリード以南の代表的な小皿料理(タパス)の一種である。マドリード以北でも提供しているバル(飲食店、酒場)は多い。カスエラ(耐熱の陶器)にて熱したオリーブオイルごと供される。
日本では、「アヒージョ」と表記するが、正しくは「アル アヒージョ」であり、海老を使用する場合は「ガンバス アル アヒージョ」となる。
素材は魚介類を中心に海老、牡蠣、イワシ、タラ、エスカルゴ、マッシュルーム、チキン、砂肝、野菜など多種多様で、熱が通った具材をそのまま食すのと併せ、バゲットやチュロスをオリーブオイルに浸して食べるのが一般である。日本のスペインバルではバゲットやチュロスの提供は必須ではないが、スペイン人の中には「バゲットやチュロスと一緒でないと成立しない料理」と主張する向きもある。


とまぁこんなかんじの料理です。

余談ですが、スペイン語ではJの音はHの音になり、ll(Lが2つ)の音はジャ、ジュ、ジョの音になるので


ajillo(普通に読んだらアジーロ)

ahijo(アヒージョ)

と発音するわけですね。はい。


そんでもってメインディッシュはピザです。

 f:id:sgif:20170617204512j:image

 

半熟卵がよいかんじでした。

 

この二品はどちらも500円とお安い。

デリバリーピザとか頼んでる場合じゃないっすね。


このお店のトイレには飲み放題のメニューが。

f:id:sgif:20170617204541j:image 

 

ん…んん?

 f:id:sgif:20170617204550j:image


ててんメニュー…?

 

手軽(てがる)→手転(ててん)

 

まぁしょうがないですよ。イタリアンのお店だからね。もしかしたらイタリア人が書いたのかもしれません。

だからなにも言いません。


はい、では最後に若者言葉でも覚えて終わりにしましょう。(当ブログは友達の他の筆者の親族も閲覧しています。)


最近の若者は「飯テロ(めしてろ)」という言葉を使います。

飯テロとは、夕飯時や深夜に自分の友達などにインターネット(ラインやツイッター)を通して食事の写真を送ることをいいます。

つまり、空腹の相手に対して

「こっちは美味そうなものを食ってるぜ!余計に腹が減るだろう?はっはっはぁ!」

みたいなことですね。


ですからある意味今回の記事も「飯テロ」になり得るわけです。

 

意地悪に見えますが、所謂一つのコミュニケーション方法です。彼等なりにじゃれてるわけです。インターネットを通して。


凄い世の中ですねぇ。

 

そんなわけで。


デワデワ

天空の…

 

「天空」といえばジブリ作品で間違えないでしょう。

 

あのお城を目指して少年少女が活躍する作品でありながら、実は某大佐のコケテッシュさを味わう作品です。

 

f:id:sgif:20170611105523p:image

目線入れるの苦労しました。嘘です。)

 

 

そんなことはおいといて、先週は「天空のポピー」を見に行ってきました。

www.tenku-poppy.jp

 

 

 

まずは写真をば。

 

f:id:sgif:20170611105710j:image

 

ここが駐車場です。めっちゃ高いんですよ、ここ。

 

なんせ標高500mですから。

 

券を購入。

なんかこれも恒例になってきましたね。

 

f:id:sgif:20170611105953j:image

 

 

そしていざ、ポピー畑へ。

f:id:sgif:20170611110024j:imagef:id:sgif:20170611110036j:image

 

 

f:id:sgif:20170611110055j:image

 

f:id:sgif:20170611110118j:image

 

f:id:sgif:20170611110147j:image

 

 

綺麗じゃね?( ^ω^)

 

 

はい。

 

 

 

 この記事を書く前は

 

「っかー!ポピーやっべーっ!っあぁー!」

 

とか思ってたのですが、

気づいたら

「私がムスカ大佐だ。」

としか考えられなくなっていました。

 

やっぱりすごいね、ジブリ

 

 

f:id:sgif:20170611110648j:image

 

 

ちなみにここの花畑に行くまでの道のりが

長いわ狭いわ坂が長いわで、とてもしんどかったです。

 

あと花畑の横に出店があったのですが、

 

やはり「ぽてクマくん」がいました。

 

f:id:sgif:20170611110926p:image

 

そんなかんじのポピー畑でした。

 

 

デワデワ

 

 

五月病

ゴールデンウィークが過ぎ、五月も終盤に入りましたね。皆様如何お過ごしでしょうか。

 

 


しかしながら記事の少々更新が滞ってしまい、「ブログ辞めたのか」なんて声も届くようになってくる始末。

 


「なんか…意外と楽しみにしてくれてる読者もおるんやな…」

 


とか調子に乗ってイソイソと記事を書いているところであります。はい。


最近はですね、とにかく体調が悪いんです。

f:id:sgif:20170528105437g:image

 

新しい仕事の疲れが出たのか、免疫力が落ちまくっているようです。頭は痛いわ鼻水は止まらないわ酒は飲みたくなくなるわ、煙草も吸いたくなくなるわ…。

 

ここ数年間健康だけが取り柄だったわけですが、なんとも微妙な日々が続いています。まぁ仕事とか休むほどではないので大丈夫なんですけどね。


まぁ


こんな言い訳をしてまで言いたいのは

 


「最近、週末にどっか出掛けてねぇわ

 

ってことで、つまりあんまり写真を撮ってないわけです。

 

全く撮ってないというわけではありませんが、なんつーか、今までの写真と比べるとショボいわけです。

ほら、風景とかご当地ものとかってネタになるじゃん?

 

 そんなわけで。

 

とりあえず。

 

先週はパオパオという、点心屋にいって来ました。行列が出来るほどの人気だとか。

別にここの肉まんがショボイわけではないです。

むしろおいしかったです

 

PAOPAO|デリカ事業|事業展開|明治屋産業株式会社

 


まずは肉まん。

f:id:sgif:20170527205324j:image 


そして海老シュウマイ。

 f:id:sgif:20170527205340j:image


ご察しの通り食レポは苦手。美味いか不味いかくらいしか言えません。


あと近所のカレー屋にも行きました。

f:id:sgif:20170527205413j:image

いつも通りナンが巨大です。 

 

なんでインドカレー屋の店員さんはゴツい時計と金のネックレスをしているのでしょうか。もしかしたら僕の家の近所の店だけかもしれんけど

 

 

 

とまぁ、特筆することなどない日々を送っています。

 

 

 

あと最近は海外の方とメッセージのやり取りをしています。

 

http://www.hellopal.com/?lang=ja

↑HP(スマートフォンのアプリです)

 

これがとても勉強になります。

ただ時差の関係でなかなか欧米の方々とはお話しできません。

逆にアジア諸国やロシアの方々とはよくお話をしています。会話は英語がほとんどですが、中国の方が非常に多い(おそらくこのアプリが中国製なんだと思われる)ので中国語で会話することもしばしば。会話をしていると挨拶くらいは勝手に覚えるものです。

 

早上好~(ザオシャンハオ:おはよう)

再見~(ザイジァン:またね)

 

なんてね。

余談ですが、めっちゃ中国とロシアの方々にもてます。何故だ

 

 

そんな感じのここ二週間でした。

近々またどこかへいって写真でも撮ってきます。

 

デワデワ

 

 

 

 

Wordってすごいネ

こんばんは。

別にどこかに行ったわけではないのですが、少しブログに変化があったのでお知らせをかねて。

 

当ブログは行った先の写真をアップしたり感想を書いたりするのがメインで、他にもチョコチョコおまけ的にと「最近学んだ英単語」なるものを書いていました。実際は単語のほうが記事の数が多かったんだけどね

 

つまりこの記事を見ながら勉強をしてたわけです。

ですがいちいちネットに接続しなければならず、パケットを喰うわ喰うわ…

本当は大したことないようなデータ量なのでしょうが気になってしまうのでしゃあない。

 

そんなわけでなんとかしてオフラインで単語データを見たい…

って願いを叶えるべくPDFを作ろうってなもんで。

 

 

PDFとは

Portable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット、略称:PDF)は、アドビシステムズが開発および提唱する、電子上の文書に関するファイルフォーマットである。1993年に発売されたAdobe Acrobatで採用された。

特定の環境に左右されずに全ての環境でほぼ同様の状態で文章や画像等を閲覧できる特性を持っている。

アドビシステムズはPDF仕様を1993年より無償で公開していたが、それでもPDF規格はAdobeが策定するプロプライエタリなフォーマットであった。2008年7月には国際標準化機構によってISO 32000-1として標準化された[2][3][4]。アドビはISO 32000-1 についての特許を無償で利用できるようにしたが、XFA (Adobe XML Forms Architecture) やAdobe JavaScriptなどはアドビのプロプライエタリな部分として残っている。

PDFファイルは 印刷可能なあらゆるドキュメントから生成でき、表示や印刷はアドビシステムズが無料で配布しているAcrobat Reader(旧Adobe Reader)またはサードパーティー製品を利用する。

PDFには、次の特長がある。

  • 作成したドキュメントを異なる環境のコンピュータで元のレイアウトどおりに表示・印刷できる
  • ドキュメントのセキュリティを設定できる
  • 圧縮してデータを格納することで、ファイルサイズを小さくできる
  • しおり・リンク・コメント・注釈といった、ドキュメントを画面に表示するときに便利な機能を設定できる
  • フォーム機能を使って、利用者の入力欄を受け取るような書式設定済み文書を作成できる
  • 音声化などアクセシビリティに配慮したドキュメントを作成できる
  • マルチメディアに対応している

Wikipediaより引用)

 

はい。こんなかんじです。イミワカンネ

 

要するに、

「書いたページを本のようにペラペラめくったりできる形にして見やすくしようぜ。んでネットにつなげなくても見れるようにしようぜ。」ってことです。

 

で、いろいろ調べた結果

 

 

できた( ゚Д゚)

 

 

普通にマイクロソフトのワードのみで簡単にできました。

これで勉強が捗ります。

最近は教材すら自作するもんですから、ある意味自給自足です。

 

 

そんなわけでこのブログから謎の単語記事は消滅しました。

PV稼げねぇしもはや用済みやで

 

 

それにしてもマイクロソフトさん…

 

これからもお世話になりますっ!!

going back to Nigata

ゴールデンウィークも終わり、いつもの日常が帰ってきたなぁといったところでしょうか。
僕も今日から仕事が再開しまして、所謂ルーティンをこなしております。

 

 

今年のゴールデンウィーク父親の実家の新潟に行きました。なんせ10年以上ぶりにいったのでいろいろと新鮮でした。


祖父や祖母にあったのはまだ小中学生の時分だったわけですから、あちらからすれば「こいつ誰やねん」的な状態だったことでしょう。
それにもかかわらず暖かく迎え入れて頂けました。

 


高速道路を使って約4時間程で到着します。
帰りはほぼ自分一人で運転してきたので少々疲れましたが、長い距離を運転することも貴重な体験なのでよかったかなと。

 


途中の上里サービスエリアで食べたうどんが美味しかった。これは是非食べてみて欲しいです。

f:id:sgif:20170508224905j:image


なんやかんやで深夜に到着してすぐ寝ました。

 

 

翌日は障子の張り替え作業を手伝います。

f:id:sgif:20170508224958j:image

f:id:sgif:20170508225012j:image


親父が障子を張っている間は暇なので散歩をしました。

とりあえず風景です。

f:id:sgif:20170508225028j:image

f:id:sgif:20170508225044j:image

f:id:sgif:20170508225139j:image

 

見渡す限り山と田んぼしかありません。

f:id:sgif:20170508225154j:image

f:id:sgif:20170508225213j:image


時間があったので最寄りのコンビニ(?)へ。

f:id:sgif:20170508225229j:image

f:id:sgif:20170508225246j:image

 


 

 

f:id:sgif:20170508225302j:image

 


すげぇとこに建ってますね


流石に田舎だけあって、コンビニ(?)まで歩いて30分ほどかかりました。


コンビニの近くには温泉街が。

f:id:sgif:20170508225335j:image

 


なかなか有名な温泉のようです。

 

温泉街にこんな看板(?)が

f:id:sgif:20170508225413j:image

 

f:id:sgif:20170508225426j:image

 

 

 

ご存じでしたか?

○○なことを!

 

 

 

↑なぜ倒置法ばかり使うのか

ご主人の気合いを感じます

 


夜にはここの温泉に浸かることができました。露天風呂の温度が高かった…

しかし日本三大薬湯というだけあって効能がありそうな感じでした。

 

↓温泉HP

温泉施設|松之山温泉|湯米心まつのやま

 

 

 

新潟にいる最中から微妙に体調を崩してしまい、帰ってから飲み会と麻雀を気力でこなすとゴールデンウィーク最終日の日曜の午後は体調不良でほぼ死亡していました。まぁ服とか見に行ったりはしたんですけどね。

 


全体を通して今年のゴールデンウィークはほぼ予定がギッシリだったので、休めはしませんでしたが退屈もしない5日間でした。

 

また今週から仕事と勉強を頑張ります。

あと音楽もね。

 

 

 

 

 

 

羊山公園にて

世間は既にゴールデンウィークに突入しており、中には9連休という方もいらっしゃるとか。そんなに休んだら仕事行きたくなくりそうですね…


そんなわけで、今回は秩父にある羊山公園に行ってきました。

 

羊山公園(ひつじやまこうえん)は、埼玉県秩父市大宮にある公園。一面に芝桜が植えられた「芝桜の丘」で知られ、毎年4月上旬から5月上旬の開花時期には多くの観光客でにぎわう。
桜の季節には、ソメイヨシノや八重桜などたくさんの桜が咲く。山麓の「牧水の滝」は、秩父を愛した歌人若山牧水の歌碑がある。その他、アスレチック広場、テニスコート、菖蒲田、棟方志功の作品を中心に展示する美術館「やまとーあーとみゅーじあむ」、武甲山に関する資料を集めた「武甲山資料館」がある。
Wikipediaより引用)

 

秩父観光協会のHP
秩父観光協会 » 芝桜の丘

 

当日は自宅から車で公園まで向かいました。
「混雑が予想されます」との注意書きを無視したけった予想よりも大幅に時間がかかり、運転時間は約2時間半。自業自得ですがね…

 

しかしながら臨時駐車場が多く、駐車できないということはありませんでした。
羊山公園内は車での乗り入れはできません

 

 

駐車場からノコノコ歩きます。

f:id:sgif:20170502123048j:image

 

途中にある蕎麦屋に行列が。

f:id:sgif:20170502123111j:image


秩父は蕎麦が有名だそうですね。

 

 

公園は少し高台にあるので、少々坂やら階段やらを登ります。

f:id:sgif:20170502123143j:image


途中滝が。

 f:id:sgif:20170502123158j:image

f:id:sgif:20170502123205j:image


公園内に入ると、芝桜の丘まで歩行者や自動車の規制があります。

 

f:id:sgif:20170502123258j:image


ぞろぞろと歩きます。


向こうに見える山の迫力が素晴らしい。

f:id:sgif:20170502123412j:image

 


羊山公園というだけあってがいます。

f:id:sgif:20170502123439j:image


そうこうしているうちに芝桜の丘に着きました。

f:id:sgif:20170502123506j:image

 

着くとまず入場券を購入します。
300円也。

 f:id:sgif:20170502123518j:image


入るとすぐにチューリップが!

f:id:sgif:20170502123541j:image


チューリップ…?

 


あ、ちゃんと芝桜も見えてきました。  

f:id:sgif:20170502123652j:image

 

月並みですが、とても綺麗ですね。

f:id:sgif:20170502123710j:image

 

f:id:sgif:20170502123745j:image

 

f:id:sgif:20170502123759j:image

 f:id:sgif:20170505161421j:image

f:id:sgif:20170505161434j:image

f:id:sgif:20170505161457j:image

f:id:sgif:20170505161511j:image

f:id:sgif:20170505161524j:image

 

芝桜を使ったアート(?)もあります。

f:id:sgif:20170502123822j:image

 

f:id:sgif:20170502123832j:image

 

f:id:sgif:20170502123906j:image

 

 

 

公園にはたくさんの外国も方々もいらっしゃいました。そんな有名だとは知らんかった

 

 

また、たくさんの出店もありました。

f:id:sgif:20170502124037j:image

 

秩父名物「みそポテト」です

f:id:sgif:20170502124048j:image

 

何気に美味しいので秩父に来るたび食べています。


そのマスコットキャラクター「ポテくまくん」です。

f:id:sgif:20170502124103j:image

 

いたるところにいますねこのくまは

f:id:sgif:20170502124114j:image

 

 

意外とかわいいので困る。一瞬Tシャツ買いそうになりました

 f:id:sgif:20170505160848j:image


いろいろとユニークな食べ物が

 f:id:sgif:20170502124142j:image 

みそアイス…美味しいのでしょうか

 

イノシシ汁なんかもあります

f:id:sgif:20170502125151j:image

秩父ならではですね

 

そんなこんなで公園を後にしました。

f:id:sgif:20170502125205j:image

 

 


帰りに少しだけ道の駅へ。

f:id:sgif:20170505160148j:image

 

秩父「あの日みた花の名前を僕はまだ知らない」(通称「あの花」)というアニメの舞台になっています。

f:id:sgif:20170505160336j:image

↑あの花はこんなかんじです。

 

世間の「昨今のアニメ」のイメージ通りの絵柄だとは思いますが、この作品を見た多くの人が涙した感動作品です。アニメに興味がない方にもオススメできる1本なので是非。

 

店内にはポップなどが設置されています。

f:id:sgif:20170505160806j:image

 

サインが展示されていますね

f:id:sgif:20170505160827j:image

 


帰りに温泉に浸かってきました。

 

喜楽里(きらり)という温泉

 

宮沢湖温泉 喜楽里別邸

 

ここもぼちぼち行く温泉です。昼間だと露天風呂から湖が見えるので景色や雰囲気は良好です。
また、休憩室や喫茶店なんかもあって1日楽しめそうな感じの温泉ですね。

ちなみに僕はいつも夜に行くので湖はほぼ見えません。見てぇわ


そんな感じのゴールデンウィーク2日目、4月の末日でした。

羊山公園の企画は毎年やっているそうなので、機会があれば是非。

 

 

 

「夜は短し歩けよ乙女」※少々ネタバレあり

最近は自分が覚えるための単語メモに成り下がっている当ブログですが、やっと普通の記事を書くことができました。

 

 

 

今回の記事は、先日(とはいっても半月程前になりますが)みた映画のお話。

 

タイトルは夜は短し歩けよ乙女という作品です。

※↓のリンクをタッチすると公式HP(ホームページ)を閲覧できます。

 

kurokaminootome.com

 

夜は短し歩けよ乙女』(よるはみじかしあるけよおとめ)は、200611角川書店より出版された森見登美彦による小説

20山本周五郎賞受賞作品。第137直木賞候補、2007本屋大賞2位。20172月時点で累計売上130万部を超えるベストセラーとなっている。

京都大学と思われる大学や周辺地域を舞台にして、さえない男子学生と無邪気な後輩女性の恋物語2人の視点から交互に描いている。諧謔にあふれる作品で、ときに現実を逸脱した不可思議なエピソードを交えている。古い文章からの引用が多い。タイトルは吉井勇作詞の『ゴンドラの』冒頭からとられている。

200812月に角川文庫から文庫版が発売された。

湯浅政明監督によりアニメーション映画化され、201747日に全国公開された。それに合わせて、児童向けに振り仮名や挿絵などを加えて角川つばさ文庫から新書判が発売された。(Wikipediaより引用)

 

 

てなもんで。

 

以前見た映画の時に見た作品紹介で気になり今回見るに至りました

原作は読んでいないのですが、今回のアニメーション化にあたって声を当てた声優さんが星野源いうことで、それ目当てというのが実のところ。なによりヒロイン役の声を当てたのが花澤香菜であるのが一番の理由です。

 

 

で、実際に観てきてあらすじを書く前に言いたいのですが

 

 

素直に申し上げると

 

おもしくろくはない

 

というのが本音です。

 

 

なんというか、

 

独特すぎるんですかね。

 

 

まぁこの世界観が好きな人は面白いと感じるかもしれないですが。

 

そもそも僕はファンタジックな作品はそこまで好きではないので、そのせいもあるかも知れません。

 

 

このお話はヒロインの「黒髪の乙女(大学生)」を好きだという「先輩(大学生)」が奮闘する物語。

場面は大きく分けて、

「お酒を飲む話」

「古本市での話」

学園祭の話」

「風邪が町中に蔓延する話」

「エンディング」で構成されています。

 

「エンディング」の途中までは全て一晩の出来事として描かれており、そこらへんの感じもやはり独特に感じます。

 

独特といえば、作中の飲食場面なんかはかやり独特で、肉を食べたとしたらその肉の形がそのまま喉を通過していくのです

なんというか、ディズニーで良く使われる表現というか、かなりコミカルな表現です。

 

個人的にはそういう表現がそもそも好きではなく、そのせいかディズニーもあまり好きではありません。

 

 

と、まぁここまで書いてはきましたが、あくまで個人的な感想なのでね。そこんとこヨロシクです。はい。

 

 

次に見る映画はもっと面白いことを期待します


kurokaminootome.com