All around us

I have written about something around me

PIEN

f:id:sgif:20200629205643p:image

 

1ヶ月経ってみて

栃木に引っ越して1ヶ月以上が経ちました。

体感的には早くも遅くもなく、やっぱり1ヶ月経ったなぁという感覚がします。

仕事も徐々に慣れ始めてきましたし、色々わからないことは多々あるにはあるんですが、その都度周りの人に質問すれば良いのでなんとかなったりしています。そういう意味では仕事内容には体を動かせない以外の不満もない感じです。

待遇面とかには残業代が出ない仕組みになっているとか色々不満を上げたらきりがないのでここでは割愛しますが、まぁとりあえず1年位は続けて経験値を獲得するという気持ちでいることにします。生活に余裕がでてきたらまた勉強も再開しようかと。なんとなく今はやっていないので。この前中国人の友達と話していたときは思った以上にできない感はなかったのでよかったなあと。

 

 

 部屋とか

ベッドが届いたので設置しました。

セミダブルにしたのでこころなしか広くなったような気もします。
f:id:sgif:20200629205551j:image

 

机の上のジムニーのミニカーも徐々に増えています。

ジムニー以外のミニカーにも若干惹かれつつあるので困っています。多分買わないと思いますが。子供の頃以来に自動車に興味を持ちはじめているんですが、仕事の内容的には興味をもっているとなにかと役に立ったりするのでそこはよかった気がします。


f:id:sgif:20200629204922j:image

 

ついに2020年のプロ野球公式戦が開幕しました。

試合があると見ているんですが、やっぱり開幕すると応援に熱が入ります。

今年は新戦力がいい感じなので見ていてまた新たな楽しみになっています。

今の所5勝4敗、3位につけています。


f:id:sgif:20200629204918j:image

 

 

そいうえばジムニーの走行距離が11万1111キロを超えました。

ぴったりを見逃してしまったので写真におさめることはできませんでした。


f:id:sgif:20200629205648j:image

 

 

喫煙者の未来

今住んでいるマンションに引っ越して一番困っているのはベランダでタバコが吸えなくなってしまったことです。

どこからか苦情が入ったらしく、「ベランダは共有部分なので喫煙は〜」云々。

壁紙を汚したくないしタバコのニオイを部屋につけたくはないけどタバコは吸いたいので久しぶりにアイコスを購入しました。


f:id:sgif:20200629205003j:image

 

前使ってたやつとだいぶ形が違います。

 

f:id:sgif:20200629213332j:image

 

4月くらいから健康増進法あたりによってファミレスはもちろん、喫茶店や居酒屋までもが禁煙になってしまっています。悲しい現状ですが受け入れるしかないようなので、せめて自分の部屋でくらいゆっくり喫煙したいと思います。

しかしながらこのアイコス、前ほどまずく感じなくなったのは不思議です。決して美味しいとは思わないですけどね。激まずではないかなぁ程度ですが吸った気には何となくなるので、騙し騙しやってきます。

 

 

今日の一曲

youtu.be

数年前から気に入っている邦楽バンドthe band apartのEric. Wという曲です。

個人的にはこういうワウが効いててカッティンが多用してある曲は好みのなので結構頻繁に聴いています。じっくり聴き入るというよりは演奏を楽しんだりノリノリになって聴くタイプの曲かと。

 

そんなわけで

 

デワデワ

DARKER THAN BLACK

f:id:sgif:20200525194628j:image

 

strange place

宇都宮という街に引越してきて早2週間弱。我が埼玉とは似て非なる街。

道路が広い。

店が埼玉とは異なる。

田んぼがたくさん。

電車が少なく車がないと生活にやや不便。

店は大型。

今の所はこんな印象だったりします。

 

きっと他県に住んだ経験のある人たちはこんな感覚になったことがあるのではないでしょうか。そして段々と慣れていくのかもしれません。

まだ僕にとっては多くが異質であり、なんとも言えない感情を抱えたままこっちでの生活を送っています。

といっても5月の間は少なくとも毎週末掃除やらなんやらのため地元に帰ったりしています。工藤くんを馬鹿にできた状況ではありません。来週は旧マンションの引き渡しの立ち会いのためにまたしても帰ります。

こうなってくると友人であるヅカこと石塚くんの言葉が思い出されます。

「離れてみて初めて所沢の良さがわかる。」

もちろん所沢では嫌なことはたくさん起こったことは確かですが、やはりそこは紛れもなく僕の「地元」でした。というか予想通り僕は埼玉が好きなようです。

早く帰りてえなぁ。居住地という意味で。

 

そんなわけで現在の住処からの景色。

 

f:id:sgif:20200525194610j:image

 

6階だけあって結構見晴らしは良いです。


f:id:sgif:20200525194621j:image

 

今まではユニットバスで湯船に浸かるのが難しかったのですが、現在はこの通り。

防水のスピーカーで音楽やらラジオやら聴きながら湯船に浸かっています。


f:id:sgif:20200525194350j:image

 

話は変わりますが先日地元に帰ったときには洗車なんかしました。

 

f:id:sgif:20200525194614j:image

 

久しぶりにきれいになったんですが翌日東北道で帰宅したところたくさんの虫がこびりついていました。これが高速ユーザーのさだめです。

 

f:id:sgif:20200525201407j:image

 

さっき家の周りの田園地帯を散歩してきました。

アイフォンのカメラで夜に撮影すると明るく写ったりします。見やすくはなってますが実際にはもっと暗かったりします。


f:id:sgif:20200525194625j:image
f:id:sgif:20200525194632j:image

 

↓の写真はお気に入り。

信号が湖面に写っているように見えますが田んぼに引かれた水に光が反射しています。この季節ならではの写真が撮れました。こういう風景は埼玉南部ではなかなか見れないので良いですがやはり虫が多いのが微妙な感じです。


f:id:sgif:20200525194617j:image

 

そんなかんじで新たな土地でも奮闘しています。どれくらい持つだろうか。

 

 

黒くても

新たな生活とともに新たな仕事も始まりました。

入る前はどうかなと思っていましたが、これがけっこうな黒さでした。ブラック・ブラックガムより辛いような気がします。仕事内容やら人はそんな悪くないような気もするんですけどね。まだわからないのでそこらへんはお茶を濁しておきます。

しかしね、契約云々と違うのは当たり前、謎の行事には休日に参加強制でしかも無給らしい。

これに迎合するべきか、それとも自分を貫くか。いつでもそれが問題です。

いつも僕は自分を貫いてきたつもりですし、人に相談されようものなら自分を貫くよう伝えてきました。迎合すれば辛い中、なぁなぁの生活が送れます。貫こうものなら厳しい目にさらされることでしょう。それでも僕は僕なので結局は僕がしたいようにその時とっさに判断するんじゃないかと思ってます。

みんなこんな感じで折り合いをつけたり曲げられなかったりして生きているわけですから、僕もまたやり過ごしたり衝突したりするわけです。

何をとるか、つまり取捨選択ですね。何が正解かなんてものはないと思うのでやるだけやってみます。結果が僕らしければそれで良いかなぁと。

そんなわけでますますここでの生活がどれくらい続くのかがわからない状況ですが、とりあえずはこんなかんじで僕は生きています。

 

 

今日の一曲

youtu.be

今日は前回のキリンジが解散してソロとなった掘込泰行が出した最新アルバムからの一曲。

なんか引っ越す前後くらいはこの曲ばかり聴いていました。ですからこの曲を後で聴き返すときにきっとこの時期のことを思い出すと思います。音楽のそういうところが味ですよね。

このアルバムに入っている別の1曲とこの曲はなんというかキリンジらしくもありソロっぽさもありの良いとこ取りの曲たちでした。「らしさ」が詰まっているように思えます。この感じがとても好きなのでぜひ聴いてみて欲しいです。僕の「音楽の好き」の一部が垣間見えるはずです。これまで紹介した曲も、もちろん「好き」の一部ですが。

 

そんなわけで今回はたくさん文字を書きました。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

デワデワ

welcome to 30s

f:id:sgif:20200428033909p:image

30

先日ついに三十路を迎えました。ついにきました。子供の目から見たら30歳ってかなり大人だったのに、今の自分はどうなのよ?的なことはやはり思いました。月並みですが。しかしこれが現実なようです。仕方ないことのようです。

 

( ^ω^)30歳になったようです

 

そんな誰も知らなそうな小ネタはいいんですが、そうですね、良い意味で30代は大人を楽しもうと思います。20代を一言で表すなら「暗黒」だったので。奢らず精進してまいりますのでこれからも宜しくお願い致します。

 

仕事する/しない

仕事を開始するのは5月の中旬となりました。そんなわけで絶賛ニートです。こんな休みは小学生の時の夏休み以来です。めっちゃ暇です。

 

まぁこんなコロナ騒動の最中ですから、ある意味大人しくしとくのは正解だと思います。だけど暇なもんは暇です。どうやら僕という人間は時間が限られている方が活力が出るようで、時間がある今こそ惰眠を貪り、無駄な夜更かしをし、無駄飯を喰らい、といった状況です。仕事はしてた方がいいのかなぁと漠然と思います。

 

しかしながら、平日昼間から、雨の降るベランダで一人煙草をふかし外をぼうっと眺めているとこれはこれで良い気もしていました。無駄にどこに行くあてもなくジムニーを乗り回したりもしています。当然誰かに会うともありません。こんな生活の中でも一握りの幸せを感じることもあります。一握の幸福というやつです。繰り返しただけです。

 

よもやこのような状況で大人の階段を登ることとなるのは想像だにしませんでしたね。

 

どうなることやら2020年。どうなる僕の30代。

くれぐれも皆さま体調には気をつけて。

 

僕はこれからもしばらくは近々退去予定のこの部屋に篭り、狭いベランダから世間を傍観しようと思います。再び会社の歯車となるその日まで。

 

今日の一曲


キリンジ - エイリアンズ

 

キリンジのエイリアンズです。エイリアンズのキリンジではない。

この曲は多くのミュージシャンにカバーされています。なんとも言えないこの曲の唯一無二の雰囲気を醸し出しており、近代J-POPの代表的な名曲だと思っております。曲中に出てくる公団は当時キリンジの二人が住んでいた、僕たちにも馴染みのある西武線沿線にあったそうです。いわゆる「エモい」というやつです。この曲を歌うとなるとサビのキーがとても高いのでしんどいこと請け合いです。最近ギターで練習してるので今回の選曲となりました。なんというか大人な曲です。

 

デワデワ

Let's go crazy

終わりと始まり

f:id:sgif:20200403225524p:image

 

 

気づいたらもう4月なわけなんですが、かくいう僕は無職となっていました。無色になって消えなくて良かった。しかし3年在籍した前職からは退職してしまいました。

そう思うとあっという間の3年間だった気もしますが何かと色々あった3年間だった気もします。思い起こすとこのブログもまる3年が経過し4年目に入っていました。車に乗って出かけたりもしたし、フルタイムで長期間働いた初めての期間でした。意外とやれるもんです。

 

そんなわけで年明けくらいから転職活動に勤しんでいたんですが、なかなか決まらず苦労しました。

しかしやっとこさ先日次の職場が決まりました。

上の画像の通りなんですが次の職場は栃木になりました。各方面にご心配をおかけしましたがとりあえず無職期間は数週間で済みそうです。4月の後半かそこらから働くことになるんではないかと思います。

 

とにかく一安心しました。昨今の未曾有のコロナショックの最中です。仕事にありつけないかと思いました。この自粛ムードは個人的には来年以降に新薬が出回るまで続くのではないかという予想です。景気も更に悪くなるでしょう。そうなれば転職組には都合が悪い。なんとかなったのは不幸中の幸いと言わざるを得ません。

一次試験の時に一緒に受けた女性は果たしてどうなったのか。機会があれば聞いてみよう。

 

家族やらには近場にいることが出来なくなって困るというか、不安、みたいなコメントももらってるんですけど、正直僕も不安です。何せ見ず知らずの土地に住むわけです。知り合いもいない。そう思うとマックスにせよ、クドやんにせよ、やぎちゃんにせよそれを経験してるわけですからね。大したもんです。意外と度胸があるように思います。そして僕は小心者ということになります。自覚はありますよ。コエーです。

これから人生どうなっていくんかとかね、こんな状況ですから。微妙な状態なわけです。

 

最近は仕事もせず引越しの準備をしながらこまめにニュース記事ばかり読んでるんですけど、陰鬱になります。そうなるなら読まなきゃいいんですけど、最近よくニュースに目を通してしまうしタイミングがあればテレビのニュースも見ます。なんというか子供の頃つまらなかったニュースを大人がこぞって見ていた感覚がなんとなくわかるような気がしてきました。

 

そんなわけで色んな意味で一区切りのタイミングとなりました。オリンピックは延期になりましたがお仕事やら生活は続いていくこととなります。最近英語をサボり気味なので徐々にやらんと。仕事が決まったのでビシッとしていこうと思います。くれぐれも皆さんも体調には気をつけて。

f:id:sgif:20200403225551j:image

 

デワデワ

 

今日の一曲

ひとすじになれない/米米クラブ

youtu.be

引越しの準備でCDの整理をしてて久々に米米を聴いてみたらやはり最高でした。

米米の中で一番好きな曲です。浪漫飛行と君がいるだけでの影に隠れてあまり表立っていないし、実はシングルの売上は上記2曲に次ぐ曲だというのにオリジナル・アルバムには収録されていないという悲劇の名曲。カールスモーキー石井の最盛期はこの歌詞にあらわれていると誰かが語っていましたが何気に同意です。あと意外とCMソング。

 

no thank you 2

f:id:sgif:20200301231812p:image

 

about my job

仕事について語るのも難しいものです。 物体を動かすことを理科的には「仕事」とも言ったりするんですがそういうことではなくて。「働くこと」の話。

仕事をする上で大切なことは人それぞれ違いますし、その時々の立場だったり環境だったりに左右されることも往々にしてあります。そんな中、僕はというと昔から仕事の「内容」に重きを置いています。

もちろん職場の人間関係もかなり大切だとは思うのですが、やはり自分の納得行かない仕事をするのは僕としてはとても苦痛です。自分以外の誰かを養わなければならない状況であれば話は別だとは思いますが、かくいう僕はまだそのような状況にはないので「内容」に拘ってしまいます。

余談ですが「拘る」というのは本来良くないときに使う言葉らしいです。「拘りを持って云々」なんて良い意味で使われることも最近は多く見かけられますが、言葉というものはそうやって少しずつ意味を変えながら時代を流れて行くものなのでしょう。

 

話がそれましたが今回僕が言いたいことは、

 

福島の話を断っちまいました

 

ということです。

 

今回の案件を環境(人間関係)、立地、内容の3点で評価すると

 

環境 ◎(面接の方がとても良さげ)

立地 △

内容 △

 

こんな感じになります。

人が良さげな感じだっただけにとても心苦しかった感はあります。しかし折角福島にまで仕事をしに行くのに内容に不満を感じたままではいけないと感じたのも事実。もちろんタイムリミットが近づきつつあるのでそんな余裕しゃくしゃくではいられないのは重々承知なのですが、すぐに辞めるわけにもいかないですし、納得したところを選びたいなぁと。

このような経緯で選択しました。

ちょっとくらい後悔しそうなものでしたが不思議とそうでもなかったことを鑑みるとやはり僕という人間はどうも納得いかんといかんらしいです。

 

果たして僕は来月の今頃はどうしているでしょう。仕事がまだ決まっていないなんてことももしかしたらあり得るのかもしれません。こう見えて実は今まで仕事やら学校やら何もしていない期間、つまりはNEET期間というものは経験したことがありません。

だもんで、余計に焦っていてもおかしくはない状況ではあるのですが、なぜかここに来て妙に落ち着き払っていたりもします。良くないですねぇ。然るべき心情でいたいものです。

 

兎にも角にも自分の心情と信条に則ってこの後も転職活動に邁進していく所存です。ちょっと上手いこと言えた気がするので今回はこんな感じで。

 

デワデワ

今日の一曲

(前回の今日の一曲にもコメントを追加したので良かったらチェックしてみてください)

前回がコテコテのソウルということで、今回はサカナクション。この曲はアレンジが昭和の香りがするジャパニーズソウル?シティポップ?的なアプローチのように感じます。MVもかなり気合の入った昭和テイスト。正直普段はあまりサカナクションは聴くことはないんですが、この曲を発見したときにはビビッときました。たまにカラオケでも歌ったりするくらいお気に入り。長く聴いていけそうな曲です。

youtu.be

no thank you

f:id:sgif:20200229232410j:image

 

コロナとか花粉とか

新型コロナウィルスが流行してますね。老人だとか基礎疾患がある方は十分に注意して、とか不要不急の外出は控えてとか色々と報じられているわけです。マスクも売り切れが続出し、高値で転売する所謂転売ヤーなんてのが話題にもなってますね。なんでもマスクだけでなくティッシュやらトイレットペーパーなんてのも売り切れているそうで。これに関しては出どころの不確かなデマが原因らしいとか。この非常時に正常な判断ができなくなるなんてのは由々しき事態です。集団心理も影響してそうなものですが。

 

まぁ、そんなことよりも個人的には花粉がつらくてつらくて仕方がないのです。今朝なんかも起きてからまともに行動できるようになるまで2時間くらいかかりました。本当にこうなってくるとマスクの転売なんかは迷惑この上ないわけです。資本主義社会ですからある程度こういったことがまかり通るのも仕方のないことなのかもしれないですがね。でも本当に必要としている人に物資が届かないのは困ったものです。こうなってくると人災ですね。いや、杉花粉もある意味人為的に植えられている杉が原因だから、これもある意味人災なのかも…

 

業務確認という名の面接

 そんなわけで福島にて面接をしてきました。

まずは大宮にて新幹線に乗り込みます。

f:id:sgif:20200229211934j:image

 

ここからは新幹線で郡山まで1時間。

あっという間に到着します。こういう公共交通機関で移動している間にコロナウィルスに感染するかも、とも思いますがそんなことを言っていてもきりがないので諦めます。それよりも社内の暖房が効きすぎて体調が悪くなりました。

 

f:id:sgif:20200229211940j:image

 

到着。前乗りなのでビジネスホテルに泊まりました。

何故か1人なのにツイン。


f:id:sgif:20200229211931j:image

 

恒例の麦酒。


f:id:sgif:20200229211927j:image

 

そんなこんなで翌朝の福島は郡山。


f:id:sgif:20200229212015j:image
f:id:sgif:20200229211957j:image

 

郡山からは在来線で移動します。


f:id:sgif:20200229212012j:image
f:id:sgif:20200229212004j:image

 

下りだけあって人が少ない。というか電車が1時間に1本しかありません。寝坊したら終わり。そういう気持ちでいたせいもあってあまり前日は寝付きがよくありませんでした。


f:id:sgif:20200229211936j:image

 

そんなわけで面接地の鏡石に到着。


f:id:sgif:20200229211954j:image

 

ローカル感がたまりません。


f:id:sgif:20200229211950j:image

 

駅前も何もありません。


f:id:sgif:20200229212002j:image
f:id:sgif:20200229211923j:image

 

そのあと実際に面接を受けて駅までエージェントに送ってもらいました。

面接は面接官が良い人そうという印象でした。建物もキレイ。

ただ駅に着いてから電車に乗るまであと1時間。そう。

 

1時間に1本しか電車がないのです。

 

こんな事言うのもなんですが流石は田舎。いいんですけどね。旅っぽくて。でも駅前も何もないし。しょうがないので駅から10分くらい歩いたところにある喫茶店に一緒に面接を受けていた男の子(25歳)と時間を潰しに訪れました。

 

いかにも昔ながらの喫茶店


f:id:sgif:20200229211945j:image

 

老後はこんなところで日がな一日読書でもしたいところです。


f:id:sgif:20200229212008j:image

 

そこでじっくり時間を潰して郡山まで戻ってきました。

なんかその男の子になつかれてしまい一緒に昼ごはんまで食べ、さらにはラインまで交換する運びとなり、なんというかよくわからんところで人との出会いはあるもんだなぁと思いましたね。次に合うときは飲みに行きましょうと言っていた彼。果たして次はあるのか。

 

次回は面接とその後の進展について書こうと思います。本当は今回の記事で全て書くつもりだったんですけど疲れたので次回にまわしたいと思います。

 

しかしながら、冬の東北でしたが雪も降らず特に問題も起こらず無事に帰って来れたのでよかった。

 

デワデワ

今日の一曲

好きな曲たちを紹介していこうかと思い立ったので1記事につき1曲ずつシェアします。

さてこの曲はソウルですね。ソウル。数年前に見つけた曲なんですけど意外と有名どこらしい。なんか最近妙に口ずさんでしまうので聴いてみてください。

youtu.be

 

縁があるある

f:id:sgif:20200225173121j:image

先日、と言っても1か月近く前になりますが転職活動のために宇都宮に訪れたのは記憶に新しいと思います。

 

結局宇都宮では採用されることもなく早1か月。それなりに気が長い僕もそれなりに焦ったりしています。焦ったところで良い結果なんかは出ないのはわかってはいるものの、募らなくてもよい不安が募ることもあります。

 

そんな2月も中旬が過ぎ、住んでるマンションの更新とかどないすんのよなんて思っている最中、登録してるエージェントから

「福島とかどーでしょ?」

などと急に連絡が入り、「いいですけど、いつ行けばいいです?」と聞くと

「明日とかいけます?」

とか言うのでお断りしました。無理に決まってますでしょう。

 

そんなわけでその一周間後、ひいては明日ですね。福島にて面談という名の面接を受けてきます。つくづく福島には縁があります。

 

ただ、正直なところ関東で仕事を探していたので、

「東北かぁ…」

という気持ちは拭い去れません。やっぱり埼玉県民ですからね。埼玉の近くには居たいのです。

 

どうするかなぁ。なかなか悩んでいるのです。職種的に、そして自分の実力的に選り好み出来る立場ではないので受かれば働かなければならないかなぁという気持ちもあり、でも埼玉から離れるのはなぁ、という気持ちもあります。

 

そもそも福島での面接に受かったわけでもないのに悩むこと自体馬鹿らしいというか、取らぬ狸の云々なわけです。しかしどうなんでしょうね。難しいなぁです。

 

何はともあれ、去年の夏以来の東北です。少しくらい空気を味わうくらいの余裕で行ってきます。

(因みに交通費は出るので実質無料の福島旅行擬きです。時間がないので嬉しいやら悲しいやらよくわからんですが。)

 

そんなわけで今回はなんとなく二本立てになりそうな予感。乞うご期待。

 

デワデワ